アパート建築が節税になるってホント?仕組みや注意点について解説!

2022-09-28

節税

アパート建築が節税になるってホント?仕組みや注意点について解説!

節税でアパート建築する方もおられますが、アパート建築は本当に節税になるのでしょうか。
結論から言うとアパート建築は節税になります。
ただし、多大な資金が必要のため、きちんと仕組みや注意点について理解しておくことが必要です。
この記事ではアパート建築で節税できる仕組みや注意点について解説しています。
ぜひ参考にしていただき、適切な節税をおこないましょう。

\お気軽にご相談ください!/

アパート建築が節税になる仕組みとは?

アパート建築によって節税できる税金は「相続税」「固定資産税」「都市計画税」の3つです。
このなかでアパート建築での節税と言えば「相続税の節税」を指すことが一般的です。
相続税を節税できる仕組み
相続税は、預金や株式よりも不動産のほうが軽減されます。
不動産の相続税は、固定資産税評価額から計算しますが、基本的に固定資産税評価額は市場価格より低く設定されているため節税できるという仕組みです。
アパート建築なら建物の固定資産税評価額はおおよそ建築費用の50%であり、土地は更地ではなく貸家建付地となるため土地評価額が20%減になります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

アパート建築で節税する際の注意点とは?

節税でアパート建築をおこなうなら「満室経営」と「収支計画」の2点に注意が必要です。

注意点①満室経営

節税としてアパート建築をおこなうなら満室経営を意識しましょう。
相続税評価額を算出するにあたり賃貸割合を考慮するため、満室経営なら節税の効果が大きくなります。
空室部分は賃貸物件としてカウントできないため、節税の効果が減少してしまいますので注意が必要です。

注意点②収支計画

アパート建築により節税ができたとしても、肝心の収支が赤字のようなら本末転倒です。
賃貸経営は、管理費や維持費、経年による家賃収入の減額などさまざまなコスト管理が必要です。
不動産会社などに相談しながら、収支計画を練りましょう。
東京都23区周辺でアパート建築をお考えの方は、ぜひ弊社までご相談ください。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

アパート建築後の節税とは?

アパート建築では、建築後にも所得税と住民税の節税ができます。
アパート建築後に建築費用を減価償却費として毎年経費計上することができ、経費計上した結果、赤字となるようなら損益通算によって所得税と住民税の節税が可能です。
会社員の方ならアパート建築による赤字を確定申告で損益通算することで税金の還付を受けられます。
減価償却は、構造種別などによっても異なります。
アパート建築をする前に減価償却についても理解しておきましょう。

アパート建築後の節税とは?

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

アパート建築は相続税や固定資産税の節税だけでなく、損益通算すれば所得税の節税にも繋がります。
ただし、収支計画をきちんと練っておかないと肝心の賃貸経営が赤字になる恐れがありますので注意が必要です。
私たち「フリースタイル」は、23区にある不動産物件を中心に売却や買取をおこなっております。
所有されてきた物件はもちろんのこと、相続した物件についてもお気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-00-6956

営業時間
9:00~21:00
定休日
年末年始

売却査定

お問い合わせ